読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

「インターステラー」の話をしよう、第1回

SF 映画

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

 

 

すごい映画を観た。

ダークナイトシリーズを監督した、クリストファー・ノーランによるSF超大作「インターステラー」。

 

 

 

あらすじ

 食糧難に陥っている近未来の地球。

クーパー(マシュー・マコノヒー)は優秀なパイロットだったが、今は大規模農家を営んでいる。

ある時、娘のマーフィーは自宅で謎の現象に出会い、導かれるようにとある施設へ向かう。

そこでは第二の地球を探す壮大な計画が進められており、クーパーもその一員となって果てしない「インターステラー(惑星間移動)」へ向かうのであった…

 

 

 

 

 

評価

★★★★★

 

 

 

最高。劇場公開間もない頃に観に行って3回見たかった。

2001年宇宙の旅」は多くの人に衝撃を与えた映画だと思う。

しかし自分の中の「2001年宇宙の旅」になったのはこの映画だ。

 

 

 

2013年の「ゼロ・グラビティ」とは違った衝撃があった。

 

 

 

 

 

見どころ

 無駄のない伏線

序盤はなんだこのシーンって思ったところも最後にはすっと繋がる。

 

 

 

 

 

視覚効果と宇宙の描写

ブラックホールとかワームホールとかノーラン監督は宇宙行っていたのかなって思うくらい、金掛けて宇宙を描いてる。

 

 

宇宙に行った気になる。

 

 

インターステラーしてる気分になる。

 

 

 

相対性理論の話とかがでて、「時間」っていう概念がよく分からなくなる。

宇宙はほんとに途方も無い所だって感じる。

 

 

 

 

 

時空を超えた愛

この文章見ると一気にB級ラブコメみたくなるけど、ほんとに時空を超えた愛がそこにあった。

ちゃんとSF的に時空を超えてる。

 

 

 

 

 

まとめ

未だ理解しきれてない部分が多いこの作品ですが、少なともSFとかの予備知識がなくても楽しめる映画であることは間違いない。

 

 

飛躍した部分はあると思うけど脚本しっかりしてるからか169分の3時間近い尺は感じさせない。

 

 

プライズ的なキャスティングもあったり全く飽きない。

 

 

科学的な検証もしっかりしてこだわって作っている作品。

一方で絶望してしまうようなエンディングでもなく、サイエンス・ファンタジー的なロマンもバランスよく盛り込めるノーラン監督のバランスの良さは素敵です。

 

 

 

 

 

書くのを取りこぼしてる部分も多々あるから次回に続く?

 

 


映画『インターステラー』予告編 - YouTube