読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

41本目「エリジウム」の話をしよう

映画 SF

ご機嫌いかがですか??
おりまーです。

さて、今年劇場で観た映画、41本目は

映画『エリジウム』第1弾予告編 - YouTube

エリジウムです!!
2013年のアメリカ映画。109分。PG12



いやマジで面白かった!!

マット・デイモン出てるだけでも良かったけどほんとにおもしろかった。
今年のSF中でもかなり面白い!!

オブリビオン」より面白い!!「パシフィック・リム」にはかなわないかな(笑)
でもいい勝負。



監督は、
第9地区」で有名になったニール・ブロムカンプ。


『第9地区』最新予告編 - YouTube

これだけでも観たくなる。



話は2145年。大気汚染が進み、人口爆発した地球。
超富裕層は衛星軌道上のコロニー「エリジウム」に移住し、
疾病や貧困とは縁のない生活をしている一方で、
マット・デイモン演じるマックスら貧困層は地球で超富裕層からの、
下請け業務でなんとか食いつないでる世界。


トータル・リコール」とか「TIME」とかよくある話の筋。


映画『トータル・リコール』予告編 - YouTube



映画『TIME/タイム』予告 - YouTube



ただ、荒廃したL.A.の描写とか、今のアフリカとか中東、インドのスラムのようで、
現実の格差社会を描くのがこの監督は好きだなーと思った。


最初は割と単調かなって思ったけど後半に行くにつれてどんどんテンポアップしていって引き込まれってた。
マット・デイモン演じるマックスがエクサ・スーツ(アイアンマンのスーツ的な)着てからは

ジェイソン・ボーンもびっくりの
スーパーマンぶりを発揮してる。


工場でマックスが負傷するシーンは、あぁやっぱりって感じで(笑)
分かりやすいフラグで負傷。
その後の手術シーンはなかなか血とか体の中身とかグロイ。


大塚芳忠さんで吹き替え変換される(笑)あの人も割とあっさり死ぬ。
最近ブラックホーク・ダウンでも大塚芳忠さんだったから(笑)


ジョディ・フォスターもあっさり死ぬ。
敵の長官だけど何も救われない感じで死んだ。
自分の正義感振りかざして死んだ。



敵役の特攻野郎Aチーム」のあの人は最後までいい味だす。
シャールト・コプリ―さんって言うらしい。第9地区にもでてる。
クルーガーって役だけど、なんとなくメタルギアのヴァンプっぽい。

ググったらこの映画の監督と会社起こしてるらしい。



クライマックスの決闘のシーンは震える。
桜がきれいすぎる。この映画で一番かっこいい。
桜散る中での決闘。日本っぽい。
クルーガーの武器がの日本刀だったり、日本にインスパイアされてる部分がちょいちょいある。



あと、最後のマックスが力を振り絞ってエリジウムのシステムの中枢に行くのは、
まるでメタルギアソリッド4マイクロ波のシーンみたいだ。泣けてくる。
監督は絶対メタルギアソリッド4プレイ済み。



よくあるSFだけど演出とか撮り方がカッコよくてすごく好きな作品。
マックスがなぜエリジウムに行かなければならないのか。
って理由づけもけっこう注目するところ。



ただいま絶賛公開中だからぜひご覧あれ!!!