読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

「ブラック・スキャンダル」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

ハゲのジョニー

ハゲのジョニー・デップが話題の映画、ブラック・スキャンダルを観てきました。

 

あらすじ

南ボストン(サウシー)出身のジミー、ビリー、ジョンの3人は幼なじみ。

ジミーは地元のギャング、ビリーは上院議員、ジョンはFBIと異なる道を歩む事になる。

あるときFBIがサウシーのイタリアンマフィア撲滅に乗り出す。

ジョンがサウシーに帰って来た事で3人の運命は再び交差していく…

 

評価

★★☆☆☆

 

普通です(笑)

3人でウハウハ闇取引生活(ウェーイ)な展開。

を期待していたら盛者必衰展開で世の中上手くいかないと身にしみる。

 

一方でジョニーの演技力が光る。

ラリったサイコパス犯罪者ぶりが怖い。

考えてみればチョコレート工場経営してたり、手がハサミだったり、海賊だったり引き出しがスゴイ。

 

しかし、単調な脚本なのでつまらないです。

事実を基にした話だそうです。

★1つでしたがジョニーの役作りと演技、映画の話題性で★2つ。

 

まとめ

欲に目が眩んだ警察はクソ、税金の無駄遣い。

「家族にマジ感謝」しようが麻薬はダメ、絶対。

「地元にマジ感謝」しようが家族の不正から目を逸らすな。

 

雑にまとめましたが、話題性十分の作品ですのでレンタルでもいいので観てくだい。

 


映画『ブラック・スキャンダル』特別映像

「SAKANAQUARIUM 2015-2016」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

2016年になり、はや1ヶ月を迎えようとしています。

昨年のブログ一発目も同じような書き出しで、人間って変わらないな。

 

olimarolimars.hateblo.jp

 

2015年の映画の話は別の機会に振り返りたいと思います。

 

SAKANAQUARIUM 2015-2016

本題ですが、「SAKANAQUARIUM 2015-2016 NF Records launch tour」の、盛岡公演に先日参戦してきました。

 

サカナクションが自身の新レーベルの設立に合わせた、全国のホール・アリーナ回るツアーになります。

何かと「初」尽くしのライブだったので簡単にまとめたいと思います。

 

サカナクションのライブが初

そもそもサカナクションのライブへ行くことが初でした。

ライブBlu-rayやDVDを購入した事はありませんでしたが、予告を観た限り絶対楽しいライブだろうと思っていました。

念願叶っての初ライブです。

 

予想以上に楽しかった!

踊り狂った2時間半でした!!!

好きなアーティストのライブだし、楽しくない訳がないのですが楽しかった。

 

最新シングルの新宝島懐かしい月は新しい月 Coupling&Remix worksの楽曲が多く盛り込まれたセットリストでしたが、GO TO THE FUTUREの楽曲もありで今現在のベスト盤のような内容でした。

 

初ディスコ

ディスコと言うには語弊があるかもしれませんが、ライブで踊れてしまうのがサカナクションというバンド。

音楽フェスの縦ノリとは違った、横ノリにサカナクションのライブでは身体を預ける事ができます。

ディスコは行ったことがありませんが、ディスコはこんな風に楽しい場所だろうな…

 

初盛岡

ちなみにサカナクションは盛岡初上陸でした。

また来てください。

東北(特に北東北)に来てくれるのはありがたい。

 

ホールのライブが初

今まで私が行ったことのあるライブ会場の形式は、

 

といった割と大きめなハコ(少なくともキャパが1万人規模)の会場でした。

キャパが1000~2000人程度ホールのを会場としたライブは初めてです。

 

近い

分かっていたがステージと近い。

1階席9列目という引きの良さも合ったが近い。

それだけで興奮の度合い違う。

 

意外と演出も凝れる

今回のツアーで演出をライゾマティクスが担当している(はず)。

Pefumeのライブ演出も担当している彼らの演出はアリーナクラスの会場でこそ本領が発揮されると思っていました。

今回のツアーの武道館公演でのオープニングの様な演出は期待できないと考えていました。

しかし、見事に裏切られる。

オープニングの再現率は高いです。

サカナクションというバンドはホールでも目一杯凝った演出をしてくれてほんとに楽しい。

 

近い

会場との距離も近い。

田舎民が東京、名古屋、大阪といった場所まで行かなくても良い。

これも結構ありがたい。

 

バンドのライブが初

Perfumeのライブやフェスには行った事がありましたが、いわゆるロックバンドのワンマンライブには行った事がありませんでした。

レイヤーさんも居ない、なんかおしゃれな人が一杯いる物販の行列に並ぶのは新感覚です(笑)

 

生音

バスドラムハイハットの4つ打ち、ベースといった生音の良さってある事を再確認しました。

打ち込みが多いサカナクションですが、バンドだなぁと再認識した次第です。

 

グルーブ感ってこれだ。

 

MC

ちょいちょいMCもある。ほぼ山口一郎が話す。

楽しそう(笑)

 

ミス

途中歌詞が飛ぶ場面があって会場が大盛り上がり。

 

グルーブ感ってこれだ。

 

まとめ

初尽くしのライブ。

また行きたい。

こんなに踊れるロックバンドは他に無い。

ライブは演出がなんぼって思ってたけど、ホールの一体感も悪く無い。

 

 

 

「人生上手くいかない時に思い出す名言」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

この記事は「名言 Advent Calendar 2015 - Adventar」24日目の記事です。

 

一人で冷麺を食べる。それもまた人生。

by  @otukutun

 

名言アドベントカレンダー作成者otukutunさんの言葉です。

シチュエーションは説明しにくいですが、otukutunさんと大学時代に冷麺を食べに行った時の言葉です。

 

意味

私はこの言葉を

「なぜサークルの皆と冷麺を食べに来たのに私は一人で食べることになってしまったのか。

しかし、このように不条理で予測不能な事も起きてしまう。それが人生なのだ。」

と受け取りました。

 

解釈

私はこの言葉を

「人生は上手くいかないものだ」

と解釈します。

また、

「予測不能な事が起こってもうろたえず対応する」

と解釈もできます。

 

言葉の力

冷静になれる

この言葉を思い出せば、例え自分の思い通りに事が進まずとも冷静でいられます。

上手くいかない事が当たり前なのが人生だから。

 

前向きな気持ちになる

上手くいかないのが人生。

そのようなスタンスだと、

  • 今日は、上手く行ったからラッキー。
  • 上出来じゃないか。

 

このように、前向きな気持ちになります。

 

ONE MORE THING

人生は上手くいかない。この考えを発展させると、何事ももっと良くしようと考える様になります。

「このアイディア(サービス)でいいのではないか?」

「いや、もしかしたら上手くいかない(適切なサービスではない)かもしれない。」

「これならもっといい体験を提供できる。」

 

スティーブ・ジョブズではありませんが、もう一つ付け加えようとする姿勢が生まれます。

 

最後に

「それもまた人生」

 

すべてを内包するかのようなこの言葉に何度も励まされ、救われました。

 ありがとうございます。

 

25日は最後。otukutunさんです!

「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」の話をしよう

ご機嫌いかかですか。

オリマーです。

 

 

olimarolimars.hateblo.jp

 

映画「バクマン。」に関連してサウンドトラックの話をしたいと思います。

 

現在サウンドトラックは発売されておりません

記事執筆中(2015年12月1日現在)の時点で映画「バクマン。」のサウンドトラックは発売されていない。

 

しかし、サウンドトラックと題してはいないが実質のサウンドトラックとなっているのが、「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」です。

 

「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」とは

「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」とは、サカナクションの11枚目のシングル、「新宝島」の豪華初回限定盤に付属している、「バクマン。」の劇伴を約30分程度にまとめ1つのトラックにしたものです。

 

映画の再現

ほぼ映画で流れていた通りに劇伴をのストップにミックスされています。

あぁサイコーとシュージンが走ってたなぁとか、

亜豆さんにノート見られたところだとか、

新妻エイジが出てきたところだとか、

色々思いを巡らせる事ができます。

 

さらに、この1枚を掛けた後にすぐさま新宝島を流すとまさに映画の再現となります。

震えます。

 

ドライブにもオススメ

サカナクションが手掛けているので非常にノリノリな曲ばかりです。

ドライブにこれ1枚掛けるだけでも楽しくなるでしょう。

次の目的地を描き出しましょう。

 

まとめ

豪華初回限定版ですが今(2015年12月1日)の時点でAmazonでは好評発売中です。

複雑ですね(苦笑)

ですが映画「バクマン。」を観て、音楽もカッコいいなぁと思った方はぜひ購入を!

 

 

 

映画「バクマン。」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

期間が空いてしまいましたが、映画バクマン。を観てきました。

 

あらすじ

特に目標もなく平凡な生活を過ごしていた真城最高(サイコー) 。

ある日同じクラスの高木秋人(シュージン)に、同級生の亜豆美保の似顔絵を描いている所を見られてしまう。

シュージンはサイコーの画力に惚れ込み、文才のある自分とタッグを組んでマンガ家になろうと誘ってくる。

サイコーは、自分の過去と向き合いマンガ家になることを決意し、夏休みを利用してマンガを描き、少年ジャンプの出版社である集英社に漫画を持ち込むのであった…

 

評価

★★★★☆

 

疾走感溢れるキラキラ青春映画でした。

佐藤健神木隆之介のはっちゃけ具合に何度も笑わされ、憤り、感動しました。

2時間超えの映画ですが、全くダレる事なく楽しめます。

ちなみに、私は原作マンガは未読、TVアニメは未視聴での評価です。

同伴者は原作マンガも読破、原作に忠実なTVアニメも3周は観ています。

 

同伴者曰く、

「脚本の展開が違うし、終わり方も違う。」

同じ『バクマン。』として観ると、どこか違和感があるようです。

 

原作の再現性では、アニメに劣っているようですが映画としてとても良い作品でした。

原作を読んでいないので、純粋に1つの映画作品として観て、楽しむ事ができたのは幸運だと思います。

 

見どころ

邪道な映画(若干ネタバレ)

サイコーとシュージンの最大のライバルとして描かれる天才マンガ家、新妻エイジ

彼の描くマンガはジャンプの王道少年マンガ

ジャンプのアンケートでいつも上位を維持する新妻エイジ

そのアンケートで勝つことを目標にしている二人だが、なかなか勝てない。

 

そこで彼らが意識するのは、邪道であるということ。

自分たちにできるのは読者と同じ高校生である視点を利用した、ありそうでなかったマンガをつくる事。

その結果として、サイコーとシュージンは新妻エイジにアンケートで勝ちます。

 

そしてこの映画もまさに邪道。

観た後、すごく満足気な気分であると思いながらどこか違和感があった。

気づいたのは映画っぽくないなということ。

  • VFXを使いマンガを描いている際の頭の中を再現したバトルシーン(めっちゃカッコいい)。
  • サカナクション劇中曲がすごくノリノリでダンサブル。
  • どこかPVっぽいカメラ回し。
  • エンドロールがスゴイ(実際に観て欲しい)

 

バクマン。という王道らしくないマンガを映画化するにあたって、映画らしくない映画を撮る。

邪道を行く2人を邪道に撮る事で、私はこの映画に引きこまれていました。

邪道、邪道言ってますが褒めています(笑)

 

キャスティング

キャスティングが発表された際にネット界隈や私の友人は、

「健くんと神木くんのキャスティングが逆じゃない?」

という意見が吹き荒れました。

原作を知らない私はあぁそうなんだくらいにしか感じませんでしたが、実際映画を観ると2人ははまり役だったと思います。

るろうに剣心でも共演していたからか、2人の息ピッタリの演技に舌を巻きます。

特に仕事場での口論シーンのガチ感。圧巻。

 

2人の担当編集者の服部さん演じる山田孝之も良かったです。

彼のマンガとマンガ家に対する情熱はカッコ良かった。

彼のTシャツがタミヤだったり、ドムだったりするのもポイントです(笑)

 

新妻エイジ役の染谷将太は、Lを演じた松山ケンイチを超える怪演ぶりでした。

嫌味ったらしいが愛らしい。

 

リリー・フランキー新井浩文といった大根仁監督作品に欠かせない俳優陣も脇を固めています。

 

そして亜豆美保を演じる小松菜奈の笑顔は殺人級。

めっちゃ可愛い。

そして可愛い。

 

音楽

映画で流れる音楽、いわゆる劇伴音楽を手掛けたのはサカナクション

もう最高。

立って踊りたくなる感じ(笑)

一方でチルアウト的な音楽もあり、緩急ついてる事でよりこの映画の疾走感を加速させている。

 

そしてテーマソングの新宝島

大根監督からは「押し付けがましくない卒業ソング」と注文を受けていたそうです。

サカナクションの山口一郎は、

「卒業は1つの始まりという思い込めて、エンディングテーマでありながらオープニングテーマであるように作った」

エンディングは卒業式で2人が教室に居るシーン。

週刊連載の厳しさを突きつけられた現実的なシーン。

しかし、次のマンガへの構想を練り始める2人。そしてバックで流れる新宝島

映画が終わるはずなのに始まるかのように錯覚する。

 

帰り道はもうサイコーとシュージンのように走り出したくなります。

 

新宝島は映画公開前から何度も聴きましたが、想像以上に映画の内容とリンクしていてまた違った印象になりました。

 

まとめ

邪道で違和感のある映画。

その違和感にハマる映画です。

 

キャスト、ギミック、音楽が合わさって最高の邪道映画です。

もう上映はされていませんがDVD落ちしたらぜひ観てください!

 

おまけ

パンフレットもギミックに凝っていてぜひ買ってください。

 


「バクマン。」予告 - YouTube

 

 

 

 

追記:11月30日、誤字脱字訂正 

「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

最近、映画の話をしてませんでしたが久々に。

「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」を観てきました。


WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT ...


WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT ...


Comment from Perfume"WE ARE Perfume -WORLD ...

 

連日のPerfume記事です(笑)

 

あらすじ

2014年に世界5つの都市を回ったPerfume WORLD TOUR 3rd。

その舞台裏に密着した作品。

公演後のダメ出し会。3度目のWORLD TOURで悲願のアメリカ公演。3人へのインタビュー。

結成15年目の進化し続けるPerfumeと変わらない3人の今を見よ!!

 

評価

★★★★☆

大いにP.T.A.補正は入っています(笑)

しかし、ファンじゃない人ほど観て欲しいし、観ればPerfumeファンになると思う。

ドキュメンタリー映画というジャンルはあまり観てきませんでしたが、かっこいいライブビューイングとしても観れるし、世界各地を回ってるから飽きないし、3人とも可愛いし、3人とも可愛いし、観やすい作品だと思います。

 

 見どころ

  • 大画面でSTORYを!
  • アメリカ公演は悲願!
  • 各公演、それぞれエピソードが詰まってる!

大画面でSTORYを!

STORYとは今年3月にアメリカのテキサス州オースティンで行われた、SXSW(サウスバイサウスウエスト)で初披露した楽曲です。

SXSWとは音楽祭、映画祭を合わせた総合フェスのようなもの。

この模様は日本でも配信され、ライブ映像とスキャンされた会場の3D映像をシームレスに繋ぎあわせた映像は、日本はおろか全世界の度肝を抜きました。

先日のアメトーークPerfumeスゴイぞ芸人」でも触れられた、凄すぎてよく分かんないライブのやつです。

これを劇場の大スクリーンで、高音質で観られる!!

最高でした!しかものっけから!

オープニングからクライマックス感!

 

アメリカ公演は悲願!

Perfumeにとってアメリカ公演は夢であった。

これはポリリズムカーズ2の挿入歌に選ばれた際に、ハリウッドのレッドカーペットを歩いた時に遡ります。

その時に現地のファンにL.A.での公演を懇願されたとの事。

それ以来3人はアメリカというものを強く意識し、2011年から3年越しでその夢を叶えました。

振り付けを担当しているMIKIKO先生も感動で泣いちゃうシーンがあって、観客ももらい泣きでしょう。

そんなシーンがただのゴミ箱に脚を突っ込んで、アイシングしながらというギャップもたまりません(笑)

 

各公演、それぞれエピソードが詰まってる!

私が印象的だったのは、シンガポール公演にオーストラリア来ていた老夫婦。

終演後に旦那さんが

「こんなに踊ったのは1970年台以来だよ、Hahaha」

と言っていたこと(笑)

70年代といえばディスコ全盛の時代。そんなベテランをも踊らせるPerfume流石です。

オフにのっちがマーライオンの真似をする事とか、笑える事も多いのがシンガポール公演。

 

ロンドン公演は壮絶なのっちのミスが観れるので必見!

誰も観たことのないのっちがそこに!(笑)

 

最後のNY公演が終わった後の打ち上げに来ていた、アミューズの会長のこんなおじちゃん居るよね感。

飲み会で若い子に絡むおじさんがウザいと思いつつも笑いました。

あ~ちゃん好き過ぎか(笑)

 

中田ヤスタカによる劇中曲もいちいちカッコいい。

Enter The Sphereや願いのRemixも良いですね。

 

OPもたぶんRhizomatiksによるものだけどカッコいい。

 

まとめ

Perfumeといえば無機質な楽曲やボコーダー多めのアレンジ。

どこか人間味のない楽曲が有名だと思います。

最近は最新のテクノロジーによるライブ演出も話題になっています。

今回の映画でスポットが当てられるのは、彼女たちの人柄。

テクノロジーや無機質な楽曲が彼女達の人柄で化学反応が起きたからこそ、今の彼女達の世界的な人気につながっているように感じる。

STORYという演出で見せる楽曲で始まり、MY COLORというライブ定番のファンと一緒に楽しむ楽曲で締めるというのは、彼女達らしいし監督の演出が光る。

ふと見せる笑顔、ふざけた仕草、ダメ出し会の真剣な顔。

それを一緒に体験することができるのがこの映画。

 

上映期間が短めな劇場が多めですがぜひ観てください!!!

あなたもP.T.A.に!

これまでと、そしてこれからの曲「STAR TRAIN」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

発売からだいぶ経ちましたが…

Perfumeの待望の新曲、「STAR TRAIN」が10月28日にリリースされました。

 

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

STAR TRAIN(初回限定盤)(DVD付)

 
STAR TRAIN

STAR TRAIN

 

 

買うなら、断然初回盤でしょう。

過去のライブでの定番曲であったイミテーションワールドが、Remixされ収録されています。

 

まぁポスターが欲しくて私は初回盤も通常版も買いましたが(笑)

https://instagram.com/p/9aM96REUaz/

ポスター2枚欲しいから買った。悪いとは思っていない。TOKIMEKI LIGHTSもイミテーションワールドも良かった。悪いとは思っていない。 #prfm

 

今回のシングルの収録曲は

  1. STAR TRAIN
  2. TOKIMEKI LIGHITS
  3. イミテーションワールド

の3曲です。

1、2はどちらもタイアップ曲なので両A面のような内容。

 

STAR TRAIN

10月31日から公開されている映画「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」の主題歌。

 

ボコーダーが少なめでPerfumeらしくない楽曲。

これは中田ヤスタカからPerfumeへのプレゼントだと思います。

Perfumeの3人も歌詞を読んだ時点で泣いてしまったそうです。

歯車のように噛み合う

力は一人じゃ伝わらない

歌詞で好きなフレーズです。

かしゆか、のっち、あ~ちゃんの3人だけでなく、たくさんのファンやスタッフが居たからこそ今のPerfumeがある。

それを表しているなと思う。

 


[MV] Perfume 「STAR TRAIN」 - YouTube

 

TOKIMEKI LIGHTS

チョコラBBのCMのソング。

 

サビからのAメロの流れ最高です!!

いつの時代だよって感じの(笑)

Complete Best頃のPerfumeを彷彿とさせる曲です。

2015年、目覚ましに設定したい曲No.1!!

 

いつか失ってしまうのが

こわいものほど美しい きっと

 

このフレーズ聴くとなぜかすごく泣ける。

出勤途中の車で涙がでるという(笑)

音楽で泣ける体験ってあまりない。

MGS PWのエンディングで流れたCarpentersSing a Song位。

 

結構普遍的なフレーズをあっさり盛り込めるのはヤスタカのセンスが光るし、安っぽくならないのはPerfumeのバックグラウンドが為せる業。

CMも必聴!!


チョコラBBローヤル2「GOODチョコラMORNING」& チョコラBBプラス「効いてよチョコラ ...

イミテーションワールド

失恋の曲だと思います。

23:30みたいにしっとりした感じで、JPN以降には無い雰囲気の楽曲です。

このタイミングで過去の音源をRemixしてきたのは、昔も大事にしてますよとPerfumeからの宣言に感じる。

この曲順だからこそ、アニバーサリーイヤーに相応しいシングルになっている。

最近のライブでめっきり観ませんが、最初のライブDVDのFan Service Bitterに入っています。

カウンターアトラクションとか未音源化の裏ベストも欲しいなー。

 

まとめ

初回盤を買いましょう。

楽曲はもちろん、特典DVDのMV&MVメイキングもたまらん。

 

チョコラBB関係でメジャーデビュー日のアニバーサリーCMも最高です。


ChocolaBB Perfume 10th Anniversary - YouTube


11月16日更新

タイトル直しました…