読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

映画「バクマン。」の話をしよう

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

期間が空いてしまいましたが、映画バクマン。を観てきました。

 

あらすじ

特に目標もなく平凡な生活を過ごしていた真城最高(サイコー) 。

ある日同じクラスの高木秋人(シュージン)に、同級生の亜豆美保の似顔絵を描いている所を見られてしまう。

シュージンはサイコーの画力に惚れ込み、文才のある自分とタッグを組んでマンガ家になろうと誘ってくる。

サイコーは、自分の過去と向き合いマンガ家になることを決意し、夏休みを利用してマンガを描き、少年ジャンプの出版社である集英社に漫画を持ち込むのであった…

 

評価

★★★★☆

 

疾走感溢れるキラキラ青春映画でした。

佐藤健神木隆之介のはっちゃけ具合に何度も笑わされ、憤り、感動しました。

2時間超えの映画ですが、全くダレる事なく楽しめます。

ちなみに、私は原作マンガは未読、TVアニメは未視聴での評価です。

同伴者は原作マンガも読破、原作に忠実なTVアニメも3周は観ています。

 

同伴者曰く、

「脚本の展開が違うし、終わり方も違う。」

同じ『バクマン。』として観ると、どこか違和感があるようです。

 

原作の再現性では、アニメに劣っているようですが映画としてとても良い作品でした。

原作を読んでいないので、純粋に1つの映画作品として観て、楽しむ事ができたのは幸運だと思います。

 

見どころ

邪道な映画(若干ネタバレ)

サイコーとシュージンの最大のライバルとして描かれる天才マンガ家、新妻エイジ

彼の描くマンガはジャンプの王道少年マンガ

ジャンプのアンケートでいつも上位を維持する新妻エイジ

そのアンケートで勝つことを目標にしている二人だが、なかなか勝てない。

 

そこで彼らが意識するのは、邪道であるということ。

自分たちにできるのは読者と同じ高校生である視点を利用した、ありそうでなかったマンガをつくる事。

その結果として、サイコーとシュージンは新妻エイジにアンケートで勝ちます。

 

そしてこの映画もまさに邪道。

観た後、すごく満足気な気分であると思いながらどこか違和感があった。

気づいたのは映画っぽくないなということ。

  • VFXを使いマンガを描いている際の頭の中を再現したバトルシーン(めっちゃカッコいい)。
  • サカナクション劇中曲がすごくノリノリでダンサブル。
  • どこかPVっぽいカメラ回し。
  • エンドロールがスゴイ(実際に観て欲しい)

 

バクマン。という王道らしくないマンガを映画化するにあたって、映画らしくない映画を撮る。

邪道を行く2人を邪道に撮る事で、私はこの映画に引きこまれていました。

邪道、邪道言ってますが褒めています(笑)

 

キャスティング

キャスティングが発表された際にネット界隈や私の友人は、

「健くんと神木くんのキャスティングが逆じゃない?」

という意見が吹き荒れました。

原作を知らない私はあぁそうなんだくらいにしか感じませんでしたが、実際映画を観ると2人ははまり役だったと思います。

るろうに剣心でも共演していたからか、2人の息ピッタリの演技に舌を巻きます。

特に仕事場での口論シーンのガチ感。圧巻。

 

2人の担当編集者の服部さん演じる山田孝之も良かったです。

彼のマンガとマンガ家に対する情熱はカッコ良かった。

彼のTシャツがタミヤだったり、ドムだったりするのもポイントです(笑)

 

新妻エイジ役の染谷将太は、Lを演じた松山ケンイチを超える怪演ぶりでした。

嫌味ったらしいが愛らしい。

 

リリー・フランキー新井浩文といった大根仁監督作品に欠かせない俳優陣も脇を固めています。

 

そして亜豆美保を演じる小松菜奈の笑顔は殺人級。

めっちゃ可愛い。

そして可愛い。

 

音楽

映画で流れる音楽、いわゆる劇伴音楽を手掛けたのはサカナクション

もう最高。

立って踊りたくなる感じ(笑)

一方でチルアウト的な音楽もあり、緩急ついてる事でよりこの映画の疾走感を加速させている。

 

そしてテーマソングの新宝島

大根監督からは「押し付けがましくない卒業ソング」と注文を受けていたそうです。

サカナクションの山口一郎は、

「卒業は1つの始まりという思い込めて、エンディングテーマでありながらオープニングテーマであるように作った」

エンディングは卒業式で2人が教室に居るシーン。

週刊連載の厳しさを突きつけられた現実的なシーン。

しかし、次のマンガへの構想を練り始める2人。そしてバックで流れる新宝島

映画が終わるはずなのに始まるかのように錯覚する。

 

帰り道はもうサイコーとシュージンのように走り出したくなります。

 

新宝島は映画公開前から何度も聴きましたが、想像以上に映画の内容とリンクしていてまた違った印象になりました。

 

まとめ

邪道で違和感のある映画。

その違和感にハマる映画です。

 

キャスト、ギミック、音楽が合わさって最高の邪道映画です。

もう上映はされていませんがDVD落ちしたらぜひ観てください!

 

おまけ

パンフレットもギミックに凝っていてぜひ買ってください。

 


「バクマン。」予告 - YouTube

 

 

 

 

追記:11月30日、誤字脱字訂正