読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

36本目「ホワイトハウス・ダウン」の話をしよう

映画

ご機嫌いかかですか??

おりまーです。

 

遡って、劇場で観た36本目は

映画『ホワイトハウス・ダウン』最新版予告編 - YouTube

 

ホワイトハウス・ダウン」!!!

2013年、アメリカ製作のパニック映画です。

尺は131分でチョイ長め。

監督は「インデペンデンス・デイ」、「デイ・アフター・トゥモロー」、「2012」といったパニック映画とかSF映画で有名なローランド・エメリッヒ!!!

 

 

 

と期待したものの、エンド・オブ・ホワイトハウスの方が面白かった(笑)

 

話の筋はテロリストがホワイトハウスを占拠してどたばたするんですよ。

主演のチャニング・テイタムは「G.I.ジョー」とか出ててるけど、

あんまし注目してなかった。

 

 

同じく主演のジェイミー・フォックスは「ジャンゴ 繋がれざる者」から注目してる。


映画『ジャンゴ 繋がれざる者』日本版予告編 - YouTube

 

真面目かつコミカルな演技が好き。

 

 

今回の映画も最初から最後まで銃と爆発がどっかんどっかんあるのかと思ったらそうでもないのが残念だった。

 

だからエメリッヒっぽくなくて本当に監督したのかと疑問。

 

途中エアージョーダンが出てきたりクスリと笑えるシーンがあるので飽きずに観れる。

 

なんてことはなく、結構中だるみは多い。

迫力を期待しすぎると物足りない作品に感じてしまうかも。