読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

30本目「ワールド・ウォーZ」の話をしよう。

さっそく途切れたブログ…

言い訳は

ビジコンと学生交流会への参加。

ブログ書いてる暇がなかった…

 

気を取り直して書こう!!!

 

過去に遡って今回は劇場で観た30本目の


『ワールド・ウォー Z』予告編 - YouTube

 

 

「ワールド・ウォー」Z!!!

アメリカ・イギリスによる合作映画。

実は最初の5分観てなかった(笑)

ただ雰囲気予告通りの流れだったからセーフ!!

 

元国連職員のブラピが謎のウィルスで終末へ向かう世界を、

元同僚の頼みで嫌々ながらも救おうとする話。

ありがちな世界観(笑)

 

でも面白かった。

パシフィック・リム観た後だったけど面白かった!!

 

出てくるゾンビがやたら足が速い。

それも「人がゴミのようだ!!」と言わんばかりの数のゾンビが

全速力で襲ってくる(笑)

それが2時間弱。

 

怖くないわけがない。

だから2時間近くの尺でも飽きずに観れた。

 

結局、バイオハザードみたくなんでゾンビになってしまったのかって理由は分からない。

ただ、対処法をブラピはついに発見する!!

これは、素直になるほどね~と感心した。

ここら辺はネタバレなるので詳しくは書けないけど、

対処法の発見の仕方が、自分にコレラウイルスだかのサンプルを注射するってのは、その時点で死ぬんじゃない!?

って思えて違和感はすごいあった。

 

そこは映画だよね。

 

あと人間たちがいろいろとバカな所が見どころ。

若き天才科学者はすぐ死ぬし、

エルサレムで壁があって安全だったのに、騒ぎ過ぎてゾンビ呼び寄せて自滅。

 

バカです。

 

そのおかげでブラピはひたすら逃げ続けるから、観る側は全然飽きない!!!

 

この映画は血がブシャーっと出るとかグロいシーンもないし、

そもそも全年齢対象だから家族、カップル、友達と見る人、シチュエーションを選ばないから見やすい作品に仕上がってると思う。

 

2Dで観たけど迫力も十分。

 

場所によっては劇場でギリギリやってるからぜひご覧あれ♪