読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

「伊藤計劃の命日」の話をしよう

雑記 SF メタルギア

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

伊藤計劃の命日

6年前の今日、2009年3月20日。

伊藤計劃は34歳の若さで亡くなった。

 

伊藤計劃の著書

亡くなるまでのオリジナル長編は「虐殺器官」、「ハーモニー」の二篇のみ。

また、ビデオゲームMETAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOT」のノベライズ「メタルギアソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット」を手掛けている。

短篇集として、伊藤計劃死後に「The Indifference Engine」も出版されている。

未完の作品として「屍者の帝国」があり、プロローグ以降を友人の円城塔が引き継いでいる。

 

小島原理主義者としての伊藤計劃

生前、「小島原理主義者」を自称していた。

ゲームデザイナーの小島秀夫作品を愛し、深く理解し、一人のファンから小島監督の良き理解者となっていた。

小島プロダクションネットラジオ「ヒデラジ」にも出演や、MGSの解説もしていた。

 

私と伊藤計劃

メタルギア繋がりで伊藤計劃の本を読み始めた。

ゼロ年代のベストSFだと言われている作家だ。

伊藤計劃以後」という言葉も生まれ、日本のSFに大きな影響を与えた事は紛れもない。

 

虐殺器官伊藤計劃に初めて触れた作品で今もよく読んでいる。

武器・装備の設定、世界観などの深い作り込み。

一方でノリの軽いキャラ、ブログのようだ言われる軽い文体で重いテーマをスラスラと読める。

手垢にまみれた初めての本になった。

 

The Indifference Engine」に収録されている「From the Nothing with Love」は007のオマージュで面白い(タイトルも「ロシアより愛を込めて」の原題、「From The Russia With Love」のオマージュ)。

シリーズ毎に主演俳優が変わることをSF的な解釈で新しい007作品に仕上がっている。

 

伊藤計劃を偲んで

これからの人生伊藤計劃のような衝撃を、世の中に私は与えられないかもしれない。

ただ、伊藤計劃の作品に魅了された人間として、そのMEMEを後世に伝えることをしなければならないと思う。

 

このブログが多くの人の目に触れ、伊藤計劃という人間をもっと多くの人に知ってもらいたい。