読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりまーおりまーす。

生活支援員:僕の体の70%は「小島秀夫」でできている。映画について書きたいと思う。

「All You Need Is Kill」の話をしよう

SF トム・クルーズ 映画

ご機嫌いかがですか。

おりまーです。

 

 

 

 

最近日本のラノベを原作としたSF映画が話題になりました。

 

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

 

 

All You Need Is Kill」です。

 

あらすじは、

「ギタイ」と呼ばれるエイリアンによって、ヨーロッパの多くを奪われてしまった近未来の地球。

 

トム・クルーズ演じるケイジは軍の広報官だったが、ひょんな事から前線へ駆り出される。もちろん、実戦経験の少ないケイジは戦場であっさりと戦死する。

 

だがなんと、次の瞬間ケイジは出撃前の瞬間へと戻っていたのだ。

彼は時間軸へのループへと巻き込まれ、そしてループの中で軍の英雄リタと出会い、真相へと迫って行く。

 

 

 

 

 

 

ボキャブラリーが少なくて困ってますが、この映画新鮮でめっちゃ面白いです。

 

  1. うだつが上がらないトム・クルーズ
  2. ゲームの様な映画
  3. うまくハリウッド化している

 

この3つがポイントです。

 

まず、トム・クルーズ演じるケイジが最初は全然かっこ良くない

これがすごく新鮮。

戦場から真っ先に尻尾巻いて逃げるような奴です。

 

 

 

 

次にこの映画は、日本ではハルヒ時かけで有名な「ループもの」の話です。

よくある展開じゃん。と思いますが、ケイジは自分からループしようとはしていない。

本気で戦って負けてしまうか、英雄のリタにこれじゃあ駄目だとわざと銃で撃たれてのループとなっています。

 

 

 

ゲームで言う所のリセマラがふんだんに取り入れてあるのが、これまた新鮮。

 

 

 

 

最後にいい意味でハリウッドらしくなっている事です。

 

原作は読んでないですが、原作の主人公ケイジは少年です。

劇場版はトム・クルーズでおっさん将校です(笑)

これだけでハリウッド感がでますね。

仕事できないおっさんが成長していく過程はまさに、レベル上げを乗り越えてボス戦に備える事に似ています。

これが感情移入できる要素の一つだと思います。

 

 

 

舞台も日本近くの架空の島からヨーロッパになっており、ビッグベンやルーブル美術館など馴染みのある建物も描かれています。

 

主な戦場となるノルマンディーは、まさにノルマンディー上陸作戦!!!

史上最大の作戦を彷彿させます。言いすぎですね。

 

 

 

本当にゲーム感覚で観ることのできる映画です。

また、監督のダグ・リーマンボーン・アイデンティティー「Mr. & Mrs. スミス」をなどの作品も監督しています。

 

 

 

この監督作品はテンポの良さ、音楽のセンスも去ることながら、恋愛要素も入ることがいいスパイスになっています。

 

上映終了間近だと思いますが、日本が生んで、ハリウッドでまだ進化を遂げたこの作品をぜひ劇場で、そして3D観てください。

 

 

 

余談ですが、予告映像流れる「This Is Not The End」という曲もめっちゃいいです。


映画 『All You Need Is Kill』 日本語字幕 - YouTube

 


映画「ボーン・アイデンティティー」劇場予告 - YouTube

 


映画「Mr.&Mrs.スミス」日本版劇場予告 - YouTube

 


This Is Not The End - Fieldwork | Edge of Tomorrow ...